今年も土用の丑の日にうなぎ無事頂きました。

これで年間行事の一部がまた過ぎ去ってしまった感じ。

これでこの暑い夏を無事乗り越えられることができるか?って思うと土用の丑の日にうなぎをいただくと元気が出るから不思議ですね。

今年も頑張って国産のうなぎを買ってきて家で食べました。鹿児島産?愛知県産だったかな?とにかくどちらかの国産うなぎです。一尾で2,000円ほどしました(+_+)

正直高いなーって思ったけど、毎年丑に日には食べないと気が済まないのでそのようにしています。お中元をいただく人にもお中元 うなぎはあげています。

ここ数年、国産うなぎも品薄になっているようです。高いからねー10年後もちゃんと国産うなぎを食べられるかどうかは微妙な感じですよね。

そのあたりにはうなぎの代用品として、かまぼことか豆腐とか他の魚をウナギ風にしてウナギのかば焼きとして売られるようになるのかもしれませんね。

今年食べたウナギは美味しかったなー肉厚ではなかったけれども、味がしっかりしていた。タレがちょっとだけ甘すぎたかなって感じはしたけれど、やっぱり国産うなぎは美味しいです。

この風習がいつか終わるのかもしれないけど、残したい風習ですよね。うち水とかも今の子供は知らないだろうね。暑い日の夕方に家の玄関周りにうち水として水を撒いて涼むんですよね。